交通事故の慰謝料について

交通事故治療の慰謝料「慰謝料の事が気になるけど、聞きにくくて・・」

このような声がありましたので、交通事故に遭った時の慰謝料について書いていきたいと思います。

慰謝料とは

慰謝料とは、交通事故によって被った、
「精神的な苦痛に対する賠償」のことを指します。

交通事故による腰痛もちろん「精神的な苦痛」を測る物差しは無いので、怪我の治療にかかった通院期間や実通院日数を基に、慰謝料を計算する方法が定められています。

ですので、もし痛みがあるのに我慢をして通院していないと、体が治らないばかりか慰謝料が減額されることもあるので注意が必要です。

治療を十分に受け、さらに適正な慰謝料も受け取れるように、しっかり予備知識をもつことが大切です。

 

自賠責保険の慰謝料は通院日数で変わります

ここでは『自賠責法』で定められた慰謝料の計算方法について説明します。

自賠責保険の慰謝料は1日当たり4,200円で計算します。

①全治療期間(入院期間+通院期間)の日数
②実通院日数(治療期間中に実際に通院した日数)×2の日数

①と②を比較し、少ない方の日数が基準日数となります。

※治療費と慰謝料の合計が自賠責保険の限度額の120万円を超えた場合は、任意保険基準での計算となりますので、減額される場合もあります。

 

病院だけではなく、整骨院にも通院可能

長崎リハビリ病院交通事故で治療を受ける際、病院と併用して整骨院や接骨院でも通院治療を受けることができ、もちろん整骨院の通院日数も慰謝料の対象になります。

ただし、整骨院で施術を受けれるのは、むち打ち・捻挫・打撲・挫傷などで、切り傷や刺し傷などの治療は出来ません。また、骨折と脱臼の施術は、病院の医師の同意があれば整骨院で受ける事も可能です。

≪整骨院・接骨院で施術可能な症状≫

むち打ち症、頸椎捻挫、腰椎捻挫、打撲(打ち身)、挫傷(肉離れ)など
※骨折や脱臼も医師の同意があれば自賠責保険で施術可能

どこで治療を受けるかは、患者様の意思で決定する事ができます。

保険会社や病院の医師は、基本的にこの権利を侵害することはできませんので、もし「病院にかかっているけど、整骨院にも通院したい」「整骨院に転院したい」という場合は、保険会社にその旨を伝え、ご希望の治療院を受診してくださいね。

 

こんなケースで慰謝料を諦めていませんか?

自賠責保険交通事故に遭った際、「貰えるか良く分からない」「自分にも非があるから・・」と、慰謝料の請求をあきらめる方もいらっしゃいます。

実際に慰謝料が支払われるかは、ケースによって様々ですが、支払われる可能性が高いケースをいくつかご紹介します。

・自分の方が過失が大きい事故の場合の慰謝料
・事故当初は、怪我をしていないと思い、物損事故で処理してしまった場合の慰謝料
・相手が任意保険に加入していない場合の慰謝料
・他人の車に同乗していて自損事故を起こした場合の慰謝料
・家族で乗車中の事故で、運転者以外の分の慰謝料

 いかがでしたでしょうか?

交通事故の慰謝料については、様々な基準があり、非常に制度が複雑です。

もし不安に感じる事がありましたら、交通事故治療に詳しい整骨院や法律の専門家である弁護士などにご相談する事をお勧めします。

 

お問合せ

もし、あなたが交通事故によるむち打ち症や慰謝料の事などでお悩みでしたら、 お気軽にご連絡ください。⇒095-879-2843

メールは24時間対応しております。

=============

【長崎市の交通事故・むちうち治療院】すこやか整骨院

≪住所・アクセス≫
長崎駅から車で12分、新戸町インターから1分。
大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階

≪保険診療受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
(木)9:00~11:30(木曜午後は休診)
(土)9:00~13:00
※時間内に来院できない方は一度お電話でご相談下さい。

≪休診日≫
日曜・祝・祭日

≪電話・お問い合わせ≫
来院前に「ホームページをみて」と、
お気軽にお電話ください。
095-879-2843

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ